悩み・症状

女性の頭皮の嫌な臭いをシャンプーで改善!?原因や対策・洗い方をご紹介

女性の頭皮の嫌な臭いをシャンプーで改善

「頭皮の嫌な臭い」これは女性にとって、美しさを損ねる致命的な欠点!毎日シャンプーしているのになぜ臭うのか?不思議ですよね。この臭いに気付いていない女性も多いはずです。
放っておくと髪質まで悪くなって、ダメージしやすい髪になってしまいます。頭皮が臭う原因は至るところにあるので、気付いたら早めのケアをしていきましょう。

頭皮臭い原因は!

頭皮は、髪の毛に守られているようでいて、実はとても敏感な場所。カラダの中で最も皮脂が出やすく、他の部分より2倍から2.5倍の脂が出るといわれています。髪の毛も、ダメージ度合やお手入れの仕方により、臭いの付き方が変わってきます。

頭皮の皮脂汚れ

頭皮から出る皮脂量が多い人には、臭いやすい傾向があります。皮脂は、髪に艶と潤いを与える役割をしており、通常はなんの問題ありません。でも、過剰に分泌された皮脂というのは、頭皮の常在菌のエサとなり雑菌を繁殖させます。するとその雑菌が排出した脂肪酸が嫌な臭いの素となるのです。

もともと頭皮の皮脂というのは、洗ってから数時間が経つと酸化して、臭いを発しますが、そこに外気のほこりや食べたものの臭いなどが混ざり合っています。皮脂が過剰に増えるのは、加齢や食生活の乱れ、不規則な生活、ストレスなどに原因があります。

毛穴の詰まり

シャンプーでは落ちない、毛穴の奥の汚れや老廃物、加齢により古い角質が頭皮に残り、臭いにつながることがあります。毎日シャンプーしていても、毛穴の奥までは洗うことができません。また、頭皮の血行(新陳代謝)がスムーズでない人も、頭皮のヘアサイクルが乱れているので、毛穴が詰まりやすいといえます。

朝シャン

もともと髪自体には、臭いはありません。ですが、シャンプー後に髪を良く乾かさないまま外出すると、時間の経過と共に臭くなります。よく電車の中で見かけますが、いかにも、朝シャンしたんだなぁと分かるくらい、まだ完全に乾いていないのに服を着ている女性もいますよね。

濡れた髪や生乾きの髪には特に臭いが付きやすく、髪も傷みやすくなるんです。濡れた髪は、キューティクルが膨潤し、その表面が閉じてないまま放置されているので、内部からタンパク質や水分が流出することで傷みます。面倒がらずに良く乾かすことが必要です。

シャンプー後の放置

お風呂上がりは体温もあがり、汗をかきやすいですよね!そこに、髪が濡れたままでいると、熱がこもり汗をかくので頭皮は蒸れてしまいます。汗は次第に酸化して臭いを発するので、「シャンプーやトリートメントの匂い」と混ざり臭くなってしまいます。汗の成分は、ほとんどが塩分を含んだ水分ですが、その中には乳酸や尿素などの老廃物が混じっているので、時間の経過とともに臭います。汗をかきやすい人も、似たような状態になるので注意が必要です。

洗浄力の強いシャンプー

シャンプーの洗浄成分の一つに、界面活性剤という石油から作られた成分があります。材料を混ぜる乳化剤の役割をしていますが、泡立ちが良くしっかりと汚れを落とします。

でも、こういったシャンプーで髪を洗うと、頭皮の皮脂や水分を取り過ぎてしまいます。そのせいで、皮脂が過多になり、かえって頭皮に汚れが付きやすくなるのです。

このタイプには、合成香料やアルコールなどが入っている場合が多く、これらも頭皮を乾燥させ、皮膚のバリア機能を壊すので、同じような症状が出やすくなります。

頭皮トラブルがある

頭皮トラブルとは、フケや痒み、赤みなどの症状がある場合をいいます。また、頭皮にも皮膚炎などもそうです。とくに、皮膚炎からくる「乾燥したフケ」や、脂漏性皮膚炎などからくる「脂っぽい固まったフケ」には、臭いが付きやすい傾向にあります。

こういった頭皮トラブルを起こしていても、気付かずに放置している人も多いようですが、かゆみや肌荒れを感じたら、早めに医師に診てもらい抗真菌剤などの薬を処方してもらいましょう。

頭皮臭い原因を改善するには?

たくさんの原因がありましたが、「皮膚炎以外の原因」なら、お手入れ次第で対処することができます。「正しいシャンプー方法」や「使用するヘアケア剤の種類」によって、比較的早い段階で改善されていきます。

洗浄力の強いシャンプーで洗わない

脱脂力が弱く、頭皮と髪の脂分を取り過ぎないシャンプーを選びましょう。例えば、化学成分である防腐剤や保存料、香料、シリコンなどを使用せず、有機栽培で育った植物を原材料として作られたオーがニックシャンプーです。

それらのほとんどは、天然成分から抽出された、エキスやオイルなどの保湿成分が配合されています。人合成香料が配合されることもないので、嫌な臭いが混ざりにくいです。良質なシャンプーは、お肌が敏感な方でもほとんど刺激がありません。フケ、痒みなどの頭皮トラブルを起こすことなく、髪のダメージも修復しますので、嫌な臭いが付くのを軽減してくれます。

自然由来以外では、抗菌作用や抗炎症作用のある「サリチル酸」や「ミコナゾール硝塩酸」「オクトピロックス」など、抗菌効果のある成分が配合された、スカルプシャンプーで頭皮を清潔に保つこともできます。髪にメージがある場合は、手持ちのシャンプーと併用して使用することをおすすめします。

正しいシャンプーとすすぎ方をする

ブラッシング

毎日何気なくしているシャンプーですが、洗い方によって臭いが付きやすくなることがあります。1日を過ごした髪には、ほこりや頭皮の皮脂のニオイ、食べ物の臭いなどが混ざっています。シャンプーの前に、まずはブラッシングすることで、ある程度の汚れが落ちて、水が浸透しやすく泡立ちもスムーズです。

シャンプー

シャンプーを付ける前に、地肌から毛先まで十分に濡らして、水分を含ませておくことがポイントになります。シャンプーが均等に行きわたり、汚れを綺麗に絡めて落とことができます。髪が長い人や毛量が多い人は、シャンプーブラシなどを使用すると簡単に洗うことができます。

すすぎ

すすぎは最も大切!この時点でしっかり流していないと、頭皮トラブルを起こしたりフケや痒みの原因になったりします。ぬるつきが取れるまで、5本の指を左右に動かしながら、シャワーを当てて流しましょう。

トリートメント

髪に潤いが欲しいからといって、地肌にトリートメントを付けないようにしましょう。トリートメントは髪の毛のためのものです。髪をなめらかにし、オイルや保湿剤を配合しているので、髪を中心に丁寧に付けましょう。ただし、スキャルプトリートメントというものは、頭皮のためのケア剤になりますので、最後にキチンと流していれば、頭皮に付けても大丈夫です。

炭酸シャンプーを使用する

炭酸シャンプーは血行促進に効能があり、通常のシャンプーでは落ちない毛穴の汚れや皮脂を取り、頭皮に潤いを残すことができます。炭酸温泉水と同じ性質を持っており、皮膚から浸透して血行を促す効果に優れているので、汚れが溜まりにくい頭皮環境を作るといえます。

その炭酸泉を原料とする炭酸シャンプーは、頭皮やお肌と同じ弱酸性なので、お肌に優しくしっとりさせる効果もあります。殺菌作用にも優れていますので、週に2回程使用すると清潔な頭皮を維持することができます。

濡れたまま放置しない

シャンプー後、濡れた髪にタオルを巻いたまま、放置するのはNGです。正しく乾かしましょう。

ドライヤーの当て方

基本の動きは、必ず髪の毛の流れ(根元から毛先の方向)に沿って、風を送ります。そうすることで、髪表面のキューティクルが整います。

❶まず始めは、髪が太い根元から素早く乾かします。5本の指をフルに使い、根元を浮かせ、ドライヤーの風を入れるようにすると短時間で乾きます。

※毛先から始めてしまうと、すぐ乾いてしまい乾かし過ぎて、乾燥毛になりやすいからです。

❷襟足部分、耳の後ろなどは乾きにくいので、根元とともに意識して乾かします。
見えない部分ですが、ドライヤーは根元から15cm以上は離して使用しましょう。

❸その後も、髪の毛の流れ(根元から毛先の方向)に沿ってドライヤーをあてましょう。

これで、いつもより少しは早く乾くかと思います。乾かし方ひとつをとっても髪のコンデションがよくなり、まとまりやすくなることがあります。

※前髪が短い人は、すぐ乾いてクセが付きやすいので、一番初めに乾かしましょう。

スカルプエッセンスを使用する

頭皮環境を整え、嫌な臭いの原因となる雑菌の繁殖を抑え、地肌を健康にします。スカルプエッセンスは、頭皮に栄養を与え、紫外線などの外部刺激から守ってくれる効果があります。加齢とともに弱くなっていく頭皮を守るには、毛根に栄養を与えることも必要です。

頭皮が臭くなりやすい人

頭皮が臭くなる条件として、「皮脂量」や「髪の生乾き」などがありましたが、普段の生活に気を付けるだけでは、解決しにくいのが「汗」です!

汗かきの人

もともと汗をたくさんかくというのは、上昇した体温を下げるための「ホメオスタシス」という生理現象です。ヒトのカラダは温度が上昇すると、自律神経が働いて汗を出し、冷やすことで適正温度に戻しています。

汗の成分は、体内の「塩分」「微生物」「老廃物」です。汗かきの人は、その分量を多く分泌しているので、時間の経過と共に臭いが強くなりやすいというわけです。強い緊張や興奮、ストレスによっても多く発汗します。代謝異常・内分泌異常(糖尿病や低血糖)などを患っていると多汗症になる事あります。

ストレスを感じやすい人

働く女性には、常に不安や緊張など、精神的負担を強いられた際のストレスが生じますよね。とくに、強いストレスを瞬時に受けた場合には、汗が出ています。汗は、カラダの感度を高めるセンサーのような役割をするので、自制をすることはできません。ですから、リラックスタイムを作って、オンとオフを上手く切り替え、そのような環境をできるだけ回避することが必要になります。

おすすめのヘアケア剤

頭皮臭いを消すヘアケア剤にはさまざまなタイプがあります。頭皮を清潔に保って、簡単にできるおすすめのヘアケア剤をご紹介します。是非、参考にしてみて下さい。

【HGSキーパー】頭皮洗浄スプレー

毛髪診断士の視点で作られた頭皮用洗浄スプレー(ミストタイプ)。毛穴に詰まった皮脂や汗を溶かして浮かせます。使いかたは、シャンプー前の乾いた頭皮に、直接シュシュッと振りかけて、揉み込むように地肌をマッサージ。汚れが浮き上がったところで、いつも通りのシャンプーをします。その後は、頭皮に爽快感があり頭が軽くなります。

容量 150ml
価格 1296円(税込み)
特徴 ノンシリコン・天然アミノ系・低刺激・合成香料フリー・合成着色剤フリー・防腐剤フリー・界面活性剤フリー・天然成分100%

公式サイト

【ルメント】炭酸シャンプー

皮脂により頭皮が汚れてふさがった毛穴の汚れ、嫌なニオイ、べたつきを解消してくれる炭酸シャンプー!カラーやパーマによるダメージを修復して、艶のあるしなやかな髪に戻します。

濃度1000ppm以上で、血行促進効果が高いのですが、こちらは5000ppmとかなり高濃度な炭酸シャンプー!加齢や紫外線を受けてダメージした髪と頭皮を綺麗にします。好きなタイミングで使用できますが、シャンプーの前に直接、頭皮に付けてマッサージしてから、いつも通りのシャンプーをするのがおすすめです。

容量 200g
価格 2400(税抜き)
特徴 シリコンフリー・石油系界面活性剤フリー・アミノ酸成分・高濃度炭酸

公式サイト

【クロラーヌ】KLORANEドライシャンプー

髪と地肌を柔らかに保つ性質と保護成分を持つ「オート麦ミルク」が原料のドライシャンプー。水を使う必要がないので、バックに入れて持ち歩けます。

使いかたは頭皮に振りかけて、指でマッサージした後2分おいてから、ブラッシングで余分なパウダーをはらえば、朝出かける前のふんわりとした髪に復活します。超微粒子パウダーで白くなりにくく、すばやく髪に混ざります。

容量 150ml
価格 2600円
特徴 有効成分オート麦ミルク配合、イラクサエキス、シクロデキストリン、コーンスターチ、ライススターチなど。バラペンフリー、フタル酸エステルフリー、ヒドロキノンフリー、パルチミン酸レチニルフリー、鉱物油フリーなど

公式サイト

【スカルプボーテナチュラルスター】頭皮用シャンプー

頭皮に悩みを抱える多くの女性のために作られたスカルプシャンプーです。カラーやパーマ、紫外線からの強い刺激で、敏感になっている地肌を、天然由来成分90%以上配合するシャンプーが優しくケアしてくれます。天然なのに泡立ちも良く、頭皮のマッサージにより毛穴の汚れを落とし清潔になります。洋梨とユリのみずみずしい甘い香り。

容量 350ml
価格 1950円
特徴 9種類の植物由来保湿成分を配合・サルフェートフリー・ノンシリコン・バラペンフリー・鉱物油フリー・合成着色剤フリー

公式サイト

【マリアゲル】ヘアフレグランススプレー

とにかく、よい香りをさせたい人には、ヘアフレグランスがオススメです。女性に好まれやすい、ジャスミンとバラ科の植物であるフラランスの甘い香りと、スズランの上品な香りが心地良い女性らしいスプレー。頭皮の臭いだけでなく、タバコやほこり、食べ物の臭い消しにもなります。お出かけ前のエチケットに使えます。

容量 80g
価格 1512円(税込み)
特徴 UVカット成分・保湿成分・トリートメント成分配合

公式サイト

頭皮臭いまとめ

頭皮の臭いをチェックするには、シャンプー後に扇風機やドライヤーなどを使って、風で臭いを確かめてみましょう。嫌な臭いはだれも教えてくれませんし、気付かれたら女性らしさ台無しです。
臭いがしないことは最低限のエチケット!「不潔なイメージ」になってしまわぬように、早めのケアをおすすめします。

関連記事