シャンプー

カラーシャンプーで髪色をキープ!人気おすすめ7選|使い方と効果・コツもご紹介

カラーシャンプー

ブリーチをしている人には欠かせないカラーシャンプー。
美容室でカラーをした後の「色持ち」良くしたり、自分でブリーチした後に、好きな色を入れたりと色々楽しめますよね。
ですが、カラーシャンプーは、メーカによって色味の濃さが違います。ブリーチしたベースの髪色によっても、色の出方が変わるので選ぶのは難しいですよね。

カラーシャンプーの選び方や使い方、おすすめ厳選7を詳しくご紹介します。

カラーシャンプー色別の特徴・効果

カラーシャンプーは大きく分けて、グレー系(シルバー)・ムラサキ・ピンクなどありますが、「どんな色にしたいか?」によってセレクトが変わります。ブリーチ毛が「ただの金髪」か「お洒落なグレー」になるかは、全然見た目が違いますからね。初めて使う人のためにも、まずは色選びの前に、カラーシャンプーの色の特徴とその効果をお話します。

ムラサキのカラーシャンプー

「ムラシャン」などといわれ、一番ポピュラーなカラーシャンプーがムラサキかと思います。ブリーチを2度3度と繰り返して、イエローアンダー(黄色~ペールイエロー)になっている髪の毛に使用します。

髪のベースが黄色の場合、「補色」といって真反対のムラサキを付けると、黄色味が消えてアッシュ系の色に変わります。白に近い黄色の金髪なら、白または、シルバーっぽい色になります。色が抜けると黄色に戻りやすい人や、寒色系カラーをしている人に向いています。ほとんど髪色が白なら、ムラサキが深く入ってしまい、髪色はラベンダーになるのでご注意を。

グレー(シルバー)のカラーシャンプー

1回目のブリーチで、オレンジアンダー(イエローオレンジまたは、オレンジ)ベースの髪の毛に使用します。グレーには青味が入っており、仕上がりのイメージはくすんだアッシュ系のような感じです。

日本人の髪は黒い色素が強いので、1回のみのブリーチでは大体オレンジっぽくなりますよね。それを消してくれるのが青味になります。ですから、アッシュ系にしたい人にはグレーが向いています。

気を付けたいのは、すでにイエローベースになっているのに、グレーにしたいからといって、そのままグレーを使用してしまうと、「黄色」+「青味」=「緑」になります。ちょっと草のような感じになってしまいますので、自分がどこまでの色なのかは、しっかりとした見極めが必要になります。

ピンクカラーシャンプー

ペールイエロー(薄い黄色か白に近い)くらいまで、ベースが抜けていれば淡いピンクになります。ピンクにするには、ベースの髪にオレンジがまだ残っていると、くすんだピンクになり、あまりきれいではありません。カラーシャンプーだけでピンク味は全く感じませんので、もう一度、ブリーチする必要があります。

もし、濃い目のピンクにしたいなら、ピンクシャンプーを使用しながら、同じ色の「カラークリーム」や「カラートリートメント」を併用して使うか、または、「マニキュア」などの染料で染めることをおすすめします。

カラーシャンプーの方法

カラーシャンプーには色素が入っているため、泡立ちが悪いのが現状。カラーシャンプーは正しく行わないと色も入っていきません。

  • STEP01
    頭皮と髪をしっかり濡らす。
    汚れやスタイリング剤が残っていると、カラーシャンプーは浸透しにくくムラになるので、良く濡らすことで汚れを落とします。
    髪が十分に濡れていれば、キューティクルが開いて色素が入りやすくなります。
  • STEP02
    泡立てる
    カラーシャンプーを手に取り、少しお湯を混ぜて両手でしっかり泡立ててください。
    メーカによって泡立ちが良いものもありますが、泡立ちがないとカラーシャンプーが髪全体に行き渡らず、ムラになるので気を付けましょう。
  • STEP03
    放置
    髪全体が泡だったら、そのまま5分~20分放置します。
    メーカにより時間は違いますが、できれば長めに置くことをおすすめします。
  • STEP04
    普通のシャンプーで軽く洗う
    泡立ちの悪いカラーシャンプー」に限りますが、普通のシャンプーで軽く洗います。
    ヌルヌル感が残りやすく、カラーの染料も入っていますので、頭皮にはあまり良くありません。綺麗にしてあげた方が頭皮トラブルも起きにくいです。
  • STEP05
    仕上げ
    「カラートリートメント」または、普通の「トリートメント」で仕上げる。
    ベースの色にもよりますが、美容室のカラーのように、確実に色が入るとは限りません。できれば、「カラートリートメント」とセットで使った方が、色素は入りやすいです。

カラーシャンプーの「コツ」と「注意点」

カラーシャンプーはメーカによって、色素量が違います。でもほとんどの場合、カラーシャンプーを手に取った時は、ビックリするほど色が濃いです。
シャンプーを泡立ててから、髪全体に付けてしばらくすると、シャンプーの泡が白っぽくなります。そうなってきたら色素が髪に浸透した証拠です。(泡の色がそのままのカラーシャンプーもあります。)

カラーシャンプーのコツ

しっかり色を入れたい場合のコツ

1度カラーシャンプーを付けて、暫く置いてあまり変化がなければ、その上に再度カラーシャンプーを付け足し(2度付け)、しばらく放置することをおすすめします。

すすぐ時のコツ

カラーシャンプーをすすぐときは、熱いお湯は避けましょう。キューティクルが柔らかく、広がりやすくなるので色素が流出してしまいます。ぬるま湯が適当です。

頻度のコツ

カラーシャンプーは、週に何回やるのがいいのか?という疑問が出てくると思います。メーカによって毎日がいいとか、3日に1回くらいというところもありますね。

でも、実際に1回でもカラーシャンプーの効果があるなら、色落ちするまではそのまま普通のシャンプーを使用していて大丈夫です。
「もっと黄ばみを取りたい」、「もっと色を付けたい」という場合は数回繰り返す必要があります。使用していきながら自分のタイミングを掴みましょう。

始めて使用する人のコツ

カラーシャンプーをした後、泡のまま放置する前に、一部だけ泡を取って色をチェックしてみましょう。髪色が変わり始めていたら、それほど長く置かなくても大丈夫です。全く、色の変化が無ければ、長めに(20分くらい)置いてから流します。
※おそらく、それ以上放置しても色は入りません。

カラーシャンプーの注意点

目的は持続

カラーシャンプーの目的は、あくまで、「カラーした色を持続させること」です。ダメージケアに特化したものではありません。
ダメージ補修をしたい場合には、カラーシャンプーを毎日使用するのは避けて、「毛髪補修用」シャンプーをメインに使いましょう。

汚れる

カラーシャンプーの中でも染料が濃いものは、手が汚れたりタオルに付いてしまったりすることもあります。泡を流した後、手についた染料が落ちない場合もあるので、手袋をすることをおすすめします。
汚れても大丈夫なタオルで髪を拭き、早めにドライヤーで髪を乾かして下さい。寝る時も、枕にタオルを敷いておくなどの工夫をしましょう。

カラーシャンプーおすすめ7選

N.エヌドット

エヌドットといえば、ヘアオイルやスタイリング剤などで人気のブランドです。
ヘアカラーの色落ちを穏やかにします。「ティントロックポリマー」(コーテイング剤)がカラーの流出を軽減します。
シア油脂、ブロッコリー種子油、加水分解シルクは、天然由来の保湿成分になっています。しっかりと濡らせば泡立ちも良く、艶とまとまりのある仕上がりになります。

6色パープル3色・シルバー1色・ピンク2色
価格 320ml:2400円(税別)
主成分

水・パレス―3硫酸Na・グリセリン・コカミドDEA・コカミドプロピルベタイン・ラウアンホ硫酸Na・セテアリスーミスチルグリコール

公式サイト

エンシェールズカラーシャンプー

エンシェールズはもともと、「カラーバター」というカラートリートメントと、セットで使用するカラーシャンプーです。色は4色ですが、「シルバー×ミルクティ=ペールグレージュ」「シルバー×ピンク=ピンクアッシュ」など、シャンプー同士をミックスして楽しむこともできます。カラーバターに合わせての設計なので、カラーシャンプー単品では、染料の染まりは薄い可能性があります。

4色・ピンク・シルバー・ミルクティー・ムラサキ
価格 200ml:1715円(税別)
主成分

水・グリセリン・コカミドプロピルベタイン・PEG-3ヤシ脂肪酸アミドMEA硫酸Na・ココイルグルタミン酸TEA・ヒアルロン酸Na

公式サイト

GOOD-BYE-YELLOW

こちらはサロン専用として使用されていましたが、ブリーチを楽しむ人が増えると共に、一般にも販売されるようになりました。ブリーチ毛の黄ばみを抑える色素を配合し、色を長持ちさせる設計です。その為、素手でシャンプーすると、薄っすら手や爪がムラサキに染まり洗っても落ちません。手袋をしてからシャンプーすることをおすすめします。比較的泡立ちは良いです。

ムラサキのみ
価格 310ml:1500円(税抜き)
主成分

水・ヤシ油由来洗浄成分・コカミドプロピルベタイン・ココイルメチルタウリンNa・塩化Na・オレフィン(14-16)スルホン酸Na

公式サイト

CALATASカラタス

カラタスは実際の「ブリーチカラーユーザー」と「プロのカラーリスト」が退色しないカラーを目指して開発されたカラーシャンプー。黄ばんだ髪でパサつく乾燥毛のストレスを軽減し、サロン帰りのカラーを持続させるのがコンセプト。
色素の濃さには定評があります。カラーシャンプー独特の泡立ちの悪さや染料の嫌な香りを取り除き、肌に優しい成分で、合成ポリマー・パラベン・紫外線吸収剤・シリコン・鉱物油などをフリーにしています。

5色・パープル2色・ピンク2色・シルバー1色
価格 250ml:1980円(税抜き)
主成分

ヒドロキシアルキル(C12-14)ヒドロキシエチルサルコシン・ラウリルベタイン・ラウロイルメチルアラニンNa・コカミドDEA

公式サイト

ROYDロイド

サロンでカラーした、色持ちを数週間~1か月良くする設計になっています。フルーティーな香りと泡立ちの良さが評判です。手に色が付きにくいので、使いやすさもロイドのメリット。薄い色にしたい人や初めて使う人に向いています。
カラーシャンプーを泡立てたら、根元の方に付けてから毛先まで伸ばします。トリートメントと合わせて使用するのがおすすめです。

5色・ピンク・ムラサキ・シルバー・グロッシーブラック・ヴァージンブラック
価格 300ml:1400円(税抜き)
主成分

水・ラウレス-6カルボン酸Na・コカミドプロピルベタイン・コカミドDEA・加水分解ケラチン・加水分解シルク・ラウロイルメチルアラニンNa・ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム

公式サイト

THROWカラーシャンプー

スロウのカラーシャンプーは、色・透明感だけでなく、髪の質感にもこだわっています。ツヤと潤いのある仕上がりにしてくれる「毛髪補修成分」を配合、独自の処方により、カラーの退色を抑制する「プロテクトフィルム」を毛髪表面に作ります。ダメージによる染料の流出をブロックし、色持ちを向上させる設計です。色素の濃さには定評があります。

アッシュ
価格 80ml:1200円(税抜き)
主成分

シアブルー染料成分・塩基性青99・HC青2・プロテクトフィルム・ポリオクタニウム-10・CMC類似成分オレイン酸コレステリル

公式サイト

ミルボン・オルディーブ・アディクシーカラーケアシャンプー

髪のダメージは色持ちを悪くする原因!ミルボン独自の「毛髪補修成分」CMADK(羊毛由来ケラチンタンパク)が髪に弾力を与え、しなやかな質感を作ります。
パープルは黄ばみを、シルバーはオレンジ味抑制します。アロマは、ブルーミングフローラル(柑橘系とお花)の香り。初めて使う人には、トライしやすいカラーシャンプーです。染料の流出防止のため、カラー直後から毎日使用することを推奨しています。

2色・パープル・シルバー
価格 180ml:2000円(税抜き)
主成分

水・コカミドプロピルベタイン・オレフィン(C14-16)スルホン酸Na・ラウレス-6酢酸Na・ラウリルベタイン・コカミドメチルMEA

公式サイト

カラーシャンプーのまとめ

カラーシャンプーの「ベースの髪色」と、使用する「シャンプーの色」の選択が大切だということが解りましたね。普通のシャンプーは、良い・悪いでかたづけられますが、カラーシャンプーで色を間違えると、美しい髪色にはなりません。

「ベースの髪色」は、なかなか自分で判断するのが難しいですよね。カラーシャンプーを使用して、色持ちを良くするなら、やはり信頼できるスタイリストさんに、「ベースの髪色」を判断してもらい、どのタイプを使う方がいいかを相談しましょう。

関連記事