育毛剤

マイマ(maima)育毛剤 の使い方・成分評価|産前産後の抜け毛対策におすすめの育毛剤

マイマ(maima)育毛剤

ママ・プレママに、髪と頭皮を優しくケアするマイマの育毛剤をご紹介します。出産前後は、ホルモンバランスの乱れによる体調の変化で、ママたちのカラダはデリケートになっています!

子育て中のストレス、寝不足などのせいで、トラブルを起こしやすいお肌には、安心して使える無添加の育毛剤を選びたいですよね!「手で梳かすと髪がごっそり抜ける!」「効果的なお手入れがしたい!」そんな悩みに、マイマ育毛剤とその効果的な使い方をお伝えしていきます。

ママ・プレママの抜け毛の対策

妊娠中・授乳中はただでさえ大変な時期なのに、その上、髪質や肌質まで変わってしまうと不安になるものです。育毛剤の効果を良くするためにも、まずは、産前産後に抜け毛を防ぐ対策を知って、少しでも不安をなくしましょう。

出産授乳による栄養不足を解消しよう

授乳中のママたちに必要な1日当たりのカロリーは、500kcalといわれています。通常カロリーの2倍にもなるんですね!栄養学的には、栄養価の高い全粒穀物類、果物・野菜などのビタミン、脂肪の少ない肉や魚・豆をバランスよく摂取することが推奨されていますが、それ以外にもこれらの栄養素を意識することをおすすめします。

マイマのアドバイスからも、「マイマには、発毛促進・育毛をサポートするための成分が入っています。しかし、髪が成長するためには普段の食習慣などの要因が関係しています。日ごろから健やかな生活を意識することをおすすめします。」とあります。育毛剤の効果を効率よく得るには大切なことなんですね。

葉酸

植物に含まれるビタミンの一種で、主に造血作用と、皮膚や粘膜を強くする働きがあります。不足すると、正常な赤血球が作られなくなり、貧血や食欲不振、口内炎などを起こしやすくなります。また、妊娠初期の不足は、赤ちゃんの脳細胞の発育に支障が出るといわれており、産婦人科でも「葉酸」のサプリなどの摂取を推奨しています。鶏レバー・ホウレン草・アスパラガス・春菊などにも多く含まれます。

タンパク質

「タンパク質」は血液を作り、その血液が不足すると毛母細胞に栄養が届かず、健康な髪が生えにくくなります。タンパク質は、筋肉や内臓、皮膚、髪の毛、爪に至るすべてを作ります。感染症からカラダを守る「免疫」を作るのにも必要です。タンパク質は、体内に留めておくことができないので、しっかりとした髪を育てるためにも、できる限り毎食に摂り入れましょう。

頭皮のトラブルを避ける

頭皮環境を悪くする原因のもう一つは、洗浄力が強い「硫酸系」のシャンプーで髪を洗うことです。どんな種類の成分が「硫酸系」シャンプーなのかというと、高級アルコールやアルキルベンゼン、アルファオレフィンといったものです。

これらは、髪と頭皮の水分や油分を必要以上に除去する、肌に刺激の多い界面活性剤です。このようなシャンプーで洗った後に、育毛剤を使用すると頭皮トラブルのもとになりやすく、育毛剤の効果を得ることが難しくなります。

硫酸系界面活性剤の種類

ラウリル硫酸ナトリウム・ラウレス酸ナトリウム・ラウリル硫酸アンモニウム・ラウレス硫酸アンモニウム・スルホン酸ナトリウム・パレス-3硫酸ナトリウム・
パレス-3硫酸アンモニウムなど

産後脱毛について

産後の脱毛は「毛周期の乱れ」によるもの。プレママの毛周期は、出産直前まで女性ホルモンが大量に分泌されているおかげで、毛周期が長くなるのでさほど抜け毛を気にすることはありません。

ところが、出産後には急激に女性ホルモンが減少し、出産前の長かった毛周期が終わると、一気に抜け毛が増えてそれが数か月続きます。その後は、また正常な毛周期が戻るのでちゃんと髪が生えてきます。個人差はありますが約8か月~1年以内には自然に回復することが多いようです。

皮膚に保湿を与える

皮膚のバリア機能は、角質層内側の水分蒸発を防ぎ、アレルゲンや細菌の侵入を防ぐ働きをしています。角質層内側には、「皮脂」「細胞間脂質」「天然保湿因子」があり、これらが皮膚の潤いを正常に保っているのですが、お肌が敏感な赤ちゃんや子育て中のお母さんには、皮膚のバリア機能を維持するのが難しいといわれています。

皮脂分泌が少なく、バリア機能をサポートするだけの保湿ケアができない時期だからこそ、保湿効果の高い育毛剤で頭皮をケアすることが大切になります。

マイマ育毛剤の特徴

マイマ育毛剤は、「無添加×こだわり天然処方」の育毛剤。しっかりと育毛を実感できる、トリプル有効成分が配合されています。また、産前産後のセンシティブなお肌をケアする、15種類の天然保湿成分を厳選しています。

効果効能

発毛促進・毛生促進・育毛・養毛・脱毛の防止・薄毛・フケかゆみ・産前産後の脱毛

マイマ育毛剤の実績は?

2019年8月、「お子様がいるママが選んだ育毛剤」として、人気ランキング1位!2019年9月、ラクテン「マタニティ・ママリアルタイムランキング」でも1位を獲得しています。

また、有名育児・女性誌でも、初めてのたまごクラブ・赤ちゃんママ・LEE・プレモ・ひよこ等で話題になりました。マイマ育毛剤の効果を実感した人の中には、2~3週間くらいの短期間に、効果を感じられたとの報告もあります。

※効果の感じ方には個人差があり、マイマでは最低3か月~半年以上はしっかり継続することをおすすめしています。肌に合わない場合は、30日間の全額返金制度があるので安心です。

マイマ育毛剤の成分へのこだわり

マイマは「指定医薬部外品」の育毛剤です。トリプル有効成分が、産前産後の頭皮に働きかけます。天然保湿成分は15種類も配合されていますが、栄養を届けながらも、さらっとベタつかない質感になっています。無香料になので、頭皮への浸透がいい育毛剤です。

トリプル有効成分

センブリエキス

主な働きは、頭皮の血行改善・促進、皮膚毛細血管の増強、皮膚細胞の代謝改善。漢方の生薬であることから、安全性は高い成分と考えられます。髪の毛の成長には、血液によって毛乳頭に運ばれる栄養が必要です。そのために、血流を良くすることが重要なのです。

センブリエキスには毛乳頭を活性化させ、毛母細胞の増殖を促進する成分が含まれており、急激なホルモンバランスの変化で弱っているママの頭皮に働きかけます。

グリチルリチン酸ジカリウム

甘草(カンゾウ)の根や茎から抽出される成分。抗炎症作用があり、副腎皮質(ステロイド)ホルモンに類似した成分であることから、物質抗アレルギー作用、頭皮環境改善炎症による痒みを止める効果が期待されています。

妊娠中の不調やストレスで荒れたお肌は、かゆみや臭い、炎症などの頭皮環境悪化につながるので、頭皮を常に清潔に保つためには、このような成分が優しくケアしてくれます。

サリチル酸

サリチル酸は殺菌・防腐効果に優れ、薬剤や医薬部外品、皮膚科のピーリングの剤(古い角質を除去)としても広く使用されています。身近なところでは、育毛用ヘアトニックやニキビ予防化粧品、ウオノメ・イボ治療の薬にも使用されるほどです。

皮膚を柔らかくし頭皮を清潔に保ち、ヘアサイクルが乱れるのを防ぎます。また、フケや痒みを抑え育毛に効果的といわれる成分です。

マイマ育毛剤のリッチな天然成分

マイマ育毛剤は、「無添加×こだわり天然成分」を贅沢に配合しています。急激なホルモンバランスの乱れによる、お肌の変化をケアするために、育毛成分以外にも保湿×血行促進×ホルモンサポートを中心にアプローチするのが特徴。

アロエエキス

日本では、古くから火傷の手当に用いられたり、煎じて腹痛の薬として飲まれたりする万能薬です。アロエには、200種類のさまざまな有効成分が含まれています。非常に保湿効果が高く、肌の潤い維持・収斂作用があるので、多くの化粧品に使用されます。育毛に対しては、頭皮のコラーゲンケアに働きかけ、乾燥や炎症も予防してくれるので、頭皮環境を整えヘアサイクルを正常に保ちます。

カモミラエキス

カモミールの花から抽出されるエキスのことです。こちらもアロエエキス同様に、多くの効能があることが分かっています。有効成分に、アミノ酸・フラボノイド・タンニンを含んでいるので、頭皮と髪の水分量を維持する保湿作用や収斂作用があり、活性酸素の抑制効果で老化防止。

さらに、抗炎症作用は、紫外線のような外部刺激、細菌や乾燥などの頭皮のトラブルから皮膚を守ります。カモミラエキスは育毛剤の有効成分として認められ、多くの育毛剤・育毛シャンプーにも使用されています。

ダイズエキス

ダイズに含まれるイソフラボンが女性ホルモン(エストロゲン)のような働きをすることで、加齢によるシワやクスミなどの予防として、多くの化粧品に使用されています。さらに、サポニンやアミノ酸を含んでおり、細胞活性作用、保湿作用、抗酸化作用、美白作用など、頭皮とお肌に潤いをもたらします。

その他の全成分

1,3-ブチレングリコール、L-メントール、エタノール、キタンサンガム、クエン酸、クエン酸ナトリウム、水酸化ナトリウム、サクラ葉抽出液、ジオウエキス、ショウキョウチンキ、セイヨウナツユキソウエキス、セージエキス、トウガラシチンキ、ヒオウギ抽出液、ヒキオコシエキス(1)、ヒドロキシエチルセルロース、ビワ葉エキス、ボタンエキス、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、ローヤルゼリーエキス、海藻エキス(1)、精製水

マイマ育毛剤の無添加へのこだわり

精神的不安や疲れやすさなど、カラダの不調に悩まされているママたちは、きっと、お肌に優しく効果が実感できるものを求めているはず!敏感肌をしっかりケアする無添加育毛剤は、赤ちゃんがいるママたちの関心度を高めています。そこで、マイマ育毛剤は以下の5つを無添加にしています。

パラベン

バラペンは主に防腐剤、殺菌剤、保存剤として使われます。殺菌力が、他の防腐剤と比べて非常に強いので、肌にも刺激が強いものです。ですが、多くの化粧品やシャンプーには使用されます。パラベンは、皮膚細胞の老化を進める作用があると報告されており、毒性が強く、旧指定成分にもなっている危険な成分なので、とくに、敏感な肌質やアレルギーのある人には注意が必要な物質です。

シリコン

ノンシリコンが好まれる時代になりましたが、それには理由があります。カチオン化されたたシリコンで、分子(シリコンの粒)が大きいタイプは特に避けたいもの。成分名はジメチコン・アモジメチコンなどといいます。髪への吸着がしやすいのでキューティクルや頭皮にピッタリ密着します。

でも、その密着したシリコンは、シャンプーをした時にシリコンと同時に、キューティクルも剥がしているので髪はとても傷みます。人工オイルなので、スタイリングの際に髪質をコントロールしやすいといえますが、シリコン配合のシャンプー&トリートメントはおすすめしません。

鉱物油

鉱物油はもともと石油からできている、プラスチック製品の顔料となった後の廃油を精製した油です。主に、ワセリンやミネラルオイルとして再利用されています。ミネラルオイルといえばイメージが良く、低刺激で保湿効果もあるようですが、本来皮膚が持つ保護能力をオイルで塞ぐことにより、機能を低下させる可能性があります。

天然由来のオイルは、シャンプーできれいに落とすことができますが、化学的に作られたオイルは、頭皮に付着すると落ちにくい傾向にあります。精製技術が発達した現在ですが、石油由来のため植物オイルのように、肌に優しいわけではないので安全性を不安視されていることも事実です。

合成着色料

多くのシャンプーや化粧品に使用されますが、ペンキやインクの着色剤にもなるもので、皮膚炎や発がん性を指摘される面があります。それから、タール系色素も経皮毒としてカラダに良くないといわれます。

色素は日本では、赤色〇号や青色〇号など成分表記に記されています。ガンやアレルギー、注意欠陥障害などになる恐れがあるという理由から、使用が禁止されている国があることも解っています。

石油系界面活性

【硫酸系界面活性剤の種類】で紹介しましたが、界面活性剤は、本来混ざらない水と油を混ぜ合わせるために使用される乳化剤のことをいいます。全ての界面活性剤が危険なわけではありません。例えば、マヨネーズはたまご・酢・油を混ぜ合わせて乳化されており、たまごが安全性の高い天然の界面活性剤となっています。

ところが石油系界面活性剤には、頭皮環境を悪くしている主な原因である「硫酸系」の素材になるので頭皮や髪、皮膚にも安全とはいえないというわけです。

マイマ育毛剤の購入方法

やはり大手ショッピングにはありましたが、定期購入で初回安く購入できるのはマイマ育毛剤の公式サイトだけでした。ドラッグストアなどの店頭販売はされていません。

販売店 公式 楽天 yahoo amazon
通常価格 4,980円 4,980円 3,550円 4,980円
割引 単品はなし なし 28%OFF 40%OFF
送料 490円 無料 無料 無料
定期 あり なし なし なし
特典 ・定期購入初回1980円60%OFF+送料270円
・2回目2680円46%OFF+送料270円
・3回目2480円50%OFF送料無料
毎日限定10本のみ3486円 プレミアム会員になると3486円 amazonポイント30p付与

マイマ育毛剤の決済

クレジットカード

VISA/MASTERCARD/DINERSCLUB/AMERICANEXPRESS/JCB/DISCOVER
注文後1~3営業日に発送

代引き引き換え

代引き手数料は全国一律324円(税込み)
注文後1~3営業日に発送

コンビニ後払い決済

後払い手数料は0円
注文後1~3営業日に発送
請求書は商品と別に郵送(14日以内)

銀行振込

メール到着から3営業日以内に発送
手数料は購入者が負担
注文後1~3営業日に発送

マイマ育毛剤の返品交換について

注文された商品と内容が異なる場合、破損や欠品、不良品である場合のみとなっています。

マイマ育毛剤の効果的な使い方

基本的に育毛剤は、清潔な乾いた頭皮に付けた方が効果的です。ほとんどの育毛剤は液体なので、シャンプー後にしっかりと水分をふき取り、そのうえで塗布していく方が浸透率は上がります。

ポイント1

髪の量が多くて長い場合は、シャンプー後タオルドライだけでは、まだ水分が多く育毛剤の効果が薄まる可能性もあるので、軽くドライヤーで乾かすことをおすすめします。

ポイント2

付ける頻度は、1日1回~2回程度にしましょう。(朝と夜)

ポイント3

ノズル式になっていますが、中身は細く手小さい穴から出てくるので、髪をしっかり分け取り、地肌に向かって頭皮全体に届くように塗布しましょう。べたつきや匂いもないので、多少多めに付けても大丈夫です。

ポイント4

塗布した後は、指の腹を使って頭皮をマッサージしましょう。血行を良くしてあげることで成分の栄養が届きやすきなります。

マイマ育毛剤まとめ

マイマ育毛剤の効果や成分はいかがでしたか?妊娠中や産後の抜け毛以外にも、加齢やストレス、生活習慣などによる薄毛に使用できる育毛剤です。ただケアするだけでなく、アンチエイジングのためにも考えられた設計になっています。
センシティブなママと赤ちゃんのために、育毛剤はできるだけ無添加で、本当に安全なものを選びたいですね。