プロが選んだ!ノンシリコンシャンプーおすすめランキング2019

ノンシリコンシャンプーおすすめランキング
最近、髪に良いと言われるノンシリコンシャンプーを探していて、出来れば髪に無駄なものを使わずダメージケアしながら髪を労わりたい方へ
ノンシリコンは良いとよく耳にしますが、具体的に何が髪に良いのか?
詳しく効果や影響について詳しく理解することで、自分の髪質に会うシャンプーを見つけたいですよね。
本記事では、ノンシリコンシャンプーを使うことによって得られる効果や、シリコンが髪に及ぼす影響など、おすすめのノンシリコンシャンプーについて多岐にわたり、ご紹介いたします。

ノンシリコンシャンプーとシリコン入りシャンプーの違い

ノンシリコンシャンプーとシリコン入りシャンプーの大きな違いは、なんと言ってもシャンプーにシリコンが入っているか入っていないかという点でしょう。
これまでのシャンプーの多くは、髪をコーティングするコーティング剤の1つ「シリコン」が入っていました。「シリコン」が入っていることで、シャンプー後の髪は、髪にハリが出て、艶やかでまとまりやすい髪質に仕上がりました。
「シリコン」は、シャンプーだけでなく、化粧品などにも使われていることがあり、これまで多くの方がシリコン入りのシャンプーを使ってきました。ただ、近年ではオーガニック系のコスメやシャンプーが普及し、自然派志向やオーガニック愛好が増えました。
そのおかげで、多くの人が自分の肌や髪にあまり余計なものを付けたくない、使いたくないという風潮になり、従来のシリコンの入ったシャンプーではなく、シリコンが除かれたノンシリコンシャンプーが人気になってきたと言えるでしょう。
また、多くの方がシャンプーや洗剤に使われる「シリコン」と、車のコーティング剤や豊胸に使われる「シリコン」を同一のものだと勘違いされることがありますが、「シリコン」は、ケイ素が主成分となるケイ素と酸素の人口化合物で、「シリコン」は金属ケイ素の一つであり、全く異なるものです。

ノンシリコンシャンプーの効果と目的

ノンシリコンシャンプーを使うことによって、感じられる効果は様々あります。頭皮や髪に余分なコーティングが付かなくなるので、髪本来の力が強くなったり、髪が以前よりイキイキとしたコシの強い毛質になったり、頭皮に余分なものが付かなくなるおかげで、気になっていた頭皮の臭いや、毛穴の詰まり、毛穴に皮脂がたまることで生じる頭皮や髪のベタつきなどを抑えられる可能性があります。
また、従来のシリコンが配合されたシャンプーを使うことで頭皮のトラブルや肌荒れなども、ノンシリコンのシャンプーを使うことで改善することが期待できます。
他にも、ノンシリコンシャンプーを使い続けることで、シリコンシャンプーを使っていた時と比べて、髪に軽さが出て、動きのあるスタイリングやエアリーな髪型が似合いやすくなるというメリットもあります。
ノンシリコンシャンプーを使う目的としては、今までのシャンプーを使い続けたこおによって起きた髪や頭皮のトラブルを抱えている方の悩みを改善することが期待できることです。

シリコンが及ぼす影響について

シリコンが髪をコーティングする働きがあることは分かりましたが、はたしてシリコンは本当に髪や頭皮にどのようなマイナス要素となりうる影響を与えているのか知りたいですよね。ここでは、人体と環境に及ぼす影響についてご説明いたします。

人体に及ぼす影響

髪が乾きにくくなり、髪質が硬くなっていく

前述でも記載しましたが、シリコンは髪をコーティングしてくれる作用があります。シリコンは、ケイ素を主成分とする物質です。シリコンは油の一種で、熱に強く、熱を加えることによって髪の毛が硬くなる性質があります。そのため、シリコン入りシャンプーを使い続けると、人によっては髪の毛がどんどん乾きにくく、硬い毛質になってしまう可能性があります。

髪のタンパク質を変性し、キューティクルが破壊される

シリコンは、他にも髪のタンパク質を変性させる働きもあります。そのため、シリコン入りシャンプーを使うことによって、髪のキューティクルが破壊され、髪本来が持っている髪の強さやしなやかさ、輝きを失うことが考えられます。

髪が細くなり、髪のボリュームが減ったように感じる

シリコンは、髪一本一本をコーティングし、サラサラヘアーを実現してくれます。ということは、裏を返せば、髪の毛一本一本がコーティングされることによって、髪が細くなり、髪のボリュームが減ったように感じることもあります。また、人の髪質によっては、シリコンシャンプーを使い始めたことによって、髪の毛に膜が張ったようになってしまい、髪の毛がベタベタになったと感じることもあります。

シリコンと一緒に配合されている界面活性剤によって肌荒れが起きやすくなる

シリコンシャンプーを使うことで、最も気になることは、必ずと言っていいほどシリコンと一緒に配合されている界面活性剤によって起きる頭皮湿疹や肌トラブルです。シリコンは、髪をコーティングし艶やかにしてくれるという嬉しい効果がありますが、その一方で、シャンプーの泡立ちを悪くするというデメリットがあります。泡立ちが悪くなると、シャンプーの洗い残しが頻繁に起きたり、しっかり頭を洗いたいという方にとって物足りなさを感じるといった原因になってしまいます。
その泡立ちの悪さを解消するために配合されているのが、界面活性剤なのです。界面活性剤は、洗濯用洗剤や食器用洗剤にも使われているポピュラーな存在です。問題なのは、シリコン入りシャンプーに配合されている界面活性剤はかなり強力なものが多いことです。
界面活性剤は、混ざり合いにくい水と油などを混ぜ合わせる作用があり、その強力な力は、シャンプーに使うことで、人体に必要な油分まで洗い流してしまう働きがあります。シリコン自体は、人体への影響は少ないと言われていますが、一緒に配合されている強力な界面活性剤が、頭皮の肌荒れや湿疹などを起こす要因となることがあります。

シリコンと一緒に配合されている界面活性剤の影響で体の必要な油分が分解され、肌の乾燥が促進される

前述でも述べたように、シリコン入りシャンプーには強力な界面活性剤が配合されている場合が多いです。界面活性剤の影響によって、シャンプーをするたびに肌の乾燥が促進してしまう懸念点があります。
肌の乾燥が進むと、頭皮からフケが出たり、髪の毛のインナードライが進んでしまい、髪の毛がパサついたり、少しの摩擦で髪に静電気が起きやすくなってしまうなどの影響を及ぼすことが考えられます。

環境に及ぼす影響

シリコンが配合されたシャンプーの人体への影響について記しましたが、ここからは環境に及ぼす影響についても紹介していきましょう。シリコン入りシャンプーが、環境に及ぼす影響面として最も考えられる物質は、シリコンと一緒に配合された界面活性剤です。シリコン自体は、自然界に存在するケイ素という物質からできていて、環境へ及ぼす影響はそれほどないと言われています。
巷で言われる「シリコンが配合されたシャンプーを使うと、頭皮の毛穴がつまり良くない。」などの口コミも全く信憑性がない情報です。
シリコン自体は人体にも環境にも影響は少ないのですが、問題なのは先ほど説明したシリコンと一緒に配合されている「界面活性剤」の種類によっては、環境に良くないものが存在します。

シリコン配合のシャンプーに含まれる界面活性剤によって、河川を汚し、海を汚す原因になる場合がある

界面活性剤にも種類が様々あります。大きなカテゴリーに分けると、天然物、天然由来の合成物、石油由来の石油系の3種類です。その中でも、天然由来の合成物には、石けん系と脂肪酸エステル系とアミノ酸系と高級アルコール系があります。
この中でも、石油由来の石油系が人体や環境に大きな影響を与えると言われています。
石油系の界面活性剤が配合されたシャンプーや洗剤は、下水に流れると河川や海を汚す原因になり、海の生物やその海の生物を食べる動物に悪影響を及ぼします。
食物連鎖で広がる負の連鎖は、いずれ人間にも影響を及ぼすことが考えられるでしょう。

界面活性剤の影響によって、自然の生態系のバランスを乱す場合がある

石油系の界
面活性剤は、自然を汚すだけでなく、そこに住む生態系のバランスにも影響を与えます。また、中には発がん物質を含むものがあるとも言われており、自然界の動植物や人間に少なからず影響があると言われています。

ノンシリコンシャンプーの優れた特徴

次は、ノンシリコンシャンプー優れた特徴について説明していきましょう。一概に、特徴と言っても様ありますが、今回はノンシリコンにしたシャンプーの優れた特徴をまとめました。

髪にふんわりボリュームが出る

ノンシリコンシャンプーを使うことで得られる大きなメリットの1点目に、これまで実感したことのない髪のボリューム感を感じることができるでしょう。
髪をコーティングするシリコンが入っていないので、素の髪のふわふわとしたエアリーな質感を得ることができます。

洗い残しやすすぎ残しが減り、頭皮環境が健康になる

ノンシリコンシャンプーを使うことで得られる大きなメリットの2点目に、頭皮環境の改善が挙げられます。
ノンシリコンシャンプーは、シリコン配合のシャンプーに比べて、泡立ち良くないので、洗い残しやすすぎ残しが減り、頭皮が健康になりやすくなります。

髪の毛が自然なサラサラヘアーになる

ふんわりとしたボリュームが出る以外にも、ノンシリコンシャンプーを使い続ければ、髪本来が持つサラサラとしたナチュラルで自然な艶髪になりやすくなります。
たしかに、シリコンでコーティングしたシャンプーのテレビCMのようなシルクのようなサラサラヘアーとまではいきませんが、自然な風合いのサラサラとした質感の髪を手に入れやすくなります。

シリコンによるかぶれや赤みがおさまる

人によっては、シリコンが配合されたシャンプーを使うと、髪がべたついてしまったり、シリコンと一緒に配合されている強力な界面活性剤の影響で、頭皮がかぶれたり、赤みが出たりする場合があります。
ですが、ノンシリコンシャンプーなら、強力な界面活性剤は必要がなく、余分な成分が配合されていないので、かぶれや湿疹、頭皮の赤みがおさまること場合があります。

髪や頭皮のべたつきがおさまる

シリコンが配合されたシャンプーを使えば、髪はサラサラになってはくれますが、人によってはオイリーな頭皮になってしまうこともあります。
ノンシリコンシャンプーなら、これまで気になっていた髪や頭皮のべたつきがおさまるので、これまで感じたことがないさっぱりとした洗い上がりを感じることもできるのではないでしょうか。

ノンシリコンシャンプーを使う上での懸念点

ノンシリコンシャンプーには優れた特徴も多くありますが、一方でどのような懸念点があるのかをご紹介していきます。

頭皮が荒れたり赤みが生じる

シャンプーによっては、「シリコンは配合していない」とだけ謳って、その代わり、シリコンに代わるコーティング剤が配合されていることがあります。
そうなると、場合によっては洗浄力の強い界面活性剤が配合されていることがあり、人によってはさらに頭皮が荒れたり、頭皮湿疹を起こしたり、赤みが生じやすくなるリスクが考えられるでしょう。

髪がごわついたりきしみやすくなる

これまで長年に渡り、シリコン配合のシャンプーを使っていた方が、ノンシリコンシャンプーに変えると、使い始めは髪の毛の指通りが悪くなったように感じる場合があります。
また、カラーリングやブリーチ、パーマを定期的に何度も繰り返して髪が痛んでいる方の場合、ノンシリコンシャンプーを使うことで、髪がすっぴん状態になり、さらに痛んだり、弱ったりする可能性があります。
そのため、あまりにも髪が痛んでいたり、髪質が弱い方だと、ノンシリコンシャンプーを使っても、あまり効果を感じられないこともあるでしょう。

髪のまとまりが悪くなる

ノンシリコンシャンプーの特徴は、髪を本来のすっぴん状態に、自然な状態に戻してくれる働きがあります。
そのため、初めて使った方は、髪がまとまりづらく、不快感を感じることもあるでしょう。
ただ、シャンプー後にトリートメントを行うことで、ほとんどの場合、髪のまとまりづらさは改善される場合が多いのでご安心ください。

カラーが落ちやすくなる

ノンシリコンシャンプーは、髪にコーティングをしない場合が多く、カラーリングやパーマをした髪の場合、シリコン入りのシャンプーよりも持ちが悪くなったと感じることもあります。

物によっては泡立ちが悪く、シャンプーしづらくなる

ノンシリコンシャンプーに配合される界面活性剤の洗浄成分がマイルドな場合、人によってはシャンプーをした時にの泡立ちが悪く、シャンプーしづらくなることもあるでしょう。

ノンシリコンシャンプーが人気の理由

ノンシリコンシャンプーにも、様々な懸念点が存在しますが、それでもノンシリコンシャンプーが人気の理由はそれらを上回る良さがあるからでしょう。
シャンプーをノンシリコンにしたことによって、髪本来の力を取り戻し毛質が強くなったり、自然な指通りの髪質になることもあります。
また、ノンシリコンシャンプーは、従来のシャンプーのように、髪の毛をスムースコーティングするわけではないので、さっぱりした洗い上がりに満足される方もいるでしょう。
また、最近のノンシリコンシャンプーは、シリコンの代わりに植物オイルや髪に良い美容成分がたっぷり配合されていたり、シリコンの代わりに髪を艶やかな状態にしてくれる成分を配合しているものも沢山あります。
パッケージもおしゃれなものが多く、バスルームにそのまま置いても可愛いので、女性に人気な理由もうなずけます。

ノンシリコンシャンプーの選び方と注意点

話題のノンシリコンシャンプーは、ドラッグストアからネットショップと様々な場所で購入することができますが、最近はバリエーションが多すぎて、どのシャンプーが自分の髪質に合うのか見極めづらいですよね。
まず、ノンシリコンシャンプーを選ぶ時には、自分のヘアケアの目的を明確にしましょう。
目的は、大きく分けて2つあります。

①頭皮や髪の汚れを取り除きたい→クレンジングに特化したノンシリコンシャンプーがおすすめ
②髪本来の美しさを取り戻したい→髪を保護する成分が含まれたノンシリコンシャンプーがおすすめ
ご自身の現在の髪の状態やコンディションに合わせて、選ぶと良いでしょう。

おすすめノンシリコンシャンプー5選

それでは、実際におすすめのノンシリコンシャンプーを5選ご紹介いたします。

第1位:ルベルのナチュラルヘアソープ
メーカー・ブランド名
カラベルモント株式会社/LebeL(ルベル)
商品名
ナチュラルヘアソープ
価格
1,751円
成分
水、ラウレウス-4酢酸Na、コミカドDEA、コカミドプロピルベタイン、ラウリルベタイン、PEG-7グリセリルココエート、ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース、BG、ホホバ油、カミツレエキス、クチナシエキス、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-6、トリオクタノイン、香料、クエン酸、クエン酸Na、水酸化Na、エチドロン酸、メトキシケイヒ酸オクチル、安息香酸Na、サリチル酸、エタノール、黒色401号、橙色205号、紫色401号
特徴
肌の弱い方でも使いやすい酸性石けんのヘアシャンプー。髪に潤いを与えるホホバオイルとカミレツエキスがたっぷり配合されており、ノンシリコンシャンプー特有のキシキシと髪がきしむことが少なく、しっとりとした洗い上がりを実感できます。
第2位:ビューティーエクスペリエンスのピュアナチュラル

メーカー・ブランド名:株式会社ビューティーエクスペリエンス/PureNATURAL(ピュアナチュラル)
商品名:ピュアナチュラル シャンプーL 300mL (サラサラタイプ)
価格:972円
成分:水、コカミドDEA、ココイルグルタミン酸K、ラウリルベタイン、ココイルグルタミン酸Na、クエン酸、ベタイン、ヒマワリ油、ホホバエステル、ローマカミツレエキス、マロニエエキス、セージエキス、グリセリン、デシルグルコシド、カプリル酸グリセリル、ポリクオタニウム-10、塩化Na、ローズマリー油、ラベンダー油、BG、PG、フェノキシエタノール
特徴:名前の通り、サラサラとした髪の毛に仕上がるノンシリコンシャンプー。香料から洗浄成分まで、植物由来の天然成分で作ったこちらのシャンプーはコスパも良いので、継続して長く使い続けたい方にもおすすめでしょう。

第3位:ルメントのスパークリングオイルクレンジング&シャンプー

URL炭酸シャンプーのLement|コスメカレッジ
メーカー・ブランド名:株式会社magicnumber/Le ment(ルメント)
商品名:ルメント スパークリングオイル クレンジング&シャンプー
価格:2,400円
成分:水、ココイルグルタミン酸Na、ラウリルベタイン、ココイルメチルタウリンNa、LPG、アルガニアスピノサ核油、バオバブ種子油、テオブロマグランジフロルム種子脂、加水分解ケラチン(羊毛)、フラーレン、トウキンセンカ花エキス、ローズマリー葉エキス、ラベンダー花エキス、カミツレ花エキス、セージ葉エキス、レモン果実エキス、スギナエキス、ホップ花エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、コカミドDEA、ポリクオタニウム-51、ポリクオタニウム-10、クエン酸、ベタイン、BG、二酸化炭素、EDTA-2Na、メチルパラベン、PVP、香料
特徴:頭皮のクレンジングができるノンシリコンの炭酸シャンプー。こちらの炭酸シャンプーに配合されている希少価値の高いレアオイルのおかげで、炭酸シャンプー特有のきしみやツッパリ感がありません。頭皮のクレンジングをしながら、髪の毛のケアもできる優れものシャンプーです。

第4位:いち髪のふんわりボリュームケアシャンプー

メーカー・ブランド名:クラシエホールディングス株式会社/いち髪
商品名:ふんわりボリュームケアシャンプー
価格:オープン価格
成分:水、ラウロイルサルコシンTEA、パーム核脂肪酸アミドプロピルベタイン、コカミドメチルMEA、ラウロイルメチルアラニンNe、コカミドDEA、ジステアリン酸グリコール、エタノール、ココイルメチルタウリンNa、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、ザクロ果皮エキス、ダイズ種子エキス、ボタンエキス、ラカンセア/加水分解コメ発酵液、コメエキス、フィチン酸、イノシトール、コメヌカエキス、コメ胚芽油、サッカロミセス/コメヌカ発酵液液エキス、アズキ種子エキス、サクラ葉エキス、ツバキ種子エキス、ヒオウギエキス、ムクロジエキス、塩化Na、クエン酸、グアーヒドロキシプロビルトリモニウムクロリド、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-7、BG、デキストリン、EDTA-2Na、安息香酸Na、香料、カラメル
特徴:女性に嬉しいざくろエキスとイソフラボン含有大豆エキスを配合したノンシリコンシャンプー。頭皮をすっきりと洗浄し、髪に自然なボリュームをもたらしてくれる働きがあります。いち髪は、スーパーやドラッグストアなどでもすぐに購入できるので、まずはノンシリコンシャンプーを試してみたいという方にもおすすめでしょう。

第5位:レヴール ゼロ リペア

メーカー・ブランド名:株式会社ジャパンゲートウェイ/レヴール
商品名:レヴール ゼロ リペア シリコンフリーシャンプー
価格:900円
成分:水、ココイルグルタミン酸TEA、コカミドプロピルベタイン、(カプリリル/カプリル)グルコシド、コカミドメチルMEA、ラウリルヒドロキシスルタイン、ココイルメチルタウリンNa、テトラオレイン酸ソルベス-40、ココイルグルタミン酸K、塩化Na、ポリクオタニウム-10、ポリクオタニウム-48、ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース、ココイルグルタミン酸Na、クエン酸、ラウリン酸PG、EDTA-2Na、BG、ベタイン、サッカロミセス/コメ発酵液、クエン酸Na、カラメル、エタノール、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、DPG、クインスシードエキス、ビフィズス菌培養溶解質、乳酸桿菌/ダイコン根発酵液、レシチン、ゼイン、フラーレン、ローヤルゼリー、PVP、γ-ドコサラクトン、セルロースガム、ポリビニルアルコール、硫酸Al、キサンタンガム、香料、フェノキシエタノール、メチルパラベン
特徴:石油系の成分を一切使用していないノンシリコンシャンプーです。シトラスの爽やかな香りがバスタイムを楽しい時間にしてくれます。少々泡立ちが悪く、人によってはきしみを感じる場合もあるかもしれません。

おまけ:アルジェランのスカルプ シャンプー

メーカー・ブランド名:カラーズ/アルジェラン
商品名:カラーズ アルジェラン オーガニック 低温抽出カモミール スカルプ シャンプー 500ml
価格:1,625円
成分:水・オレフィン(C14-16)スルホン酸Na・アロエベラ液汁※・コカミドプロピルベタイン・コカミドDEA・プロパンジオール・カミツレ花エキス※・ローズマリー油※・ベルガモット果実油※・オニサルビア油※・ローマカミツレ花油※・エタノール・ローズマリー葉エキス※・ソルビトール・オレンジ果皮油※・クエン酸・セイヨウノコギリソウエキス※・グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド・ボウシュウボク葉油※・ポリクオタニウム-7・セイヨウサンザシ果実エキス※・塩化Na・ユーカリ葉油※・EDTA-4Na・キュウリ果実エキス※・グレープフルーツ果皮油※・グリセリン・セージ葉エキス※・ビターオレンジ葉/枝油※・ペンチレングリコール・タチジャコウソウ花/葉エキス※・カプリル酸グリセリル・アボカド油※・香料・ヨーロッパブナ芽エキス※・カニナバラ果実油※・デヒドロ酢酸Na・ハマメリスエキス※・フェノキシエタノール・ブドウ種子油※・ベンジルアルコール・セイヨウニワトコ花エキス※・ヒマワリ種子エキス※・ゼニアオイ花エキス※・ヨーロッパシラカバ葉エキス※
※オーガニック原料
特徴:有機植物エキスと精油を配合したオーガニックノンシリコンシャンプーです。髪をいきいきとした美しい状態に近づけ、頭皮を健康な状態に導いてくれます。

ノンシリコンシャンプーで髪を保護しよう

いかがでしたでしょうか。一概に、ノンシリコンシャンプーと言ってもブランドやメーカーによって、シャンプーの効果は様々です。
頭皮クレンジングに特化したものから髪の保護に特化したものまで色々あります。本記事を参考に、ノンシリコンシャンプーの良さを実感していただいたり、購入するためのヒントにしてくだされば幸いです。