炭酸シャンプー

手作り炭酸シャンプーの作り方・洗い方【自宅で簡単自作!3つの方法まとめ】

手作り炭酸シャンプーの作り方

今回は、実際に炭酸シャンプーを使いたいと思っている方に、お家で簡単に作ることができる方法を紹介していきます。炭酸シャンプーは市販のものもありますが、一番手軽で、リーズナブルなのはお家で作る方法です。

炭酸シャンプーの作り方には、3つの方法があります。

手作り炭酸シャンプーの作り方
炭酸シャンプーを手作りする3つの方法
  1. 重曹とクエン酸を使って作る方法
  2. 炭酸タブレットとシャワーヘッドを使って作る方法
  3. 炭酸水とシャンプーを混ぜて作る方法

今回は、3つの方法を全て紹介していきます。

重曹とクエン酸を使って作る

重曹とクエン酸を使って作る
用意する物

・水 500ml
・重曹 おおさじ2
・クエン酸 おおさじ2
・普段使っているシャンプー 2プッシュ
・炭酸シャンプーを入れる容器又は洗面器

【作り方の手順】
①ぬるめのお湯か水を洗面器又はシャンプー容器に入れます。
②そこに重曹、クエン酸という順で入れていきます。
③最後に普段使っているシャンプーを2プッシュ入れたら出来上がりです。

重曹とクエン酸は、一般的に家のお掃除や食器の汚れ落としに役立つお掃除グッズとして知られていますが、実は炭酸シャンプーとして使うこともできる万能グッズなのです!重曹とクエン酸のどちらも、価格はリーズナブルで、スーパーやドラッグストアですぐ手に入るので、誰でも作りやすい方法の一つです。

炭酸タブレットとシャワーヘッドで炭酸シャンプー作る

炭酸タブレットとシャワーヘッドで炭酸シャンプー作る
次にご紹介する方法は、炭酸タブレットとシャワーヘッドを使って、手軽に炭酸シャンプーを作る方法です。

用意する物

・炭酸タブレット
・シャワーヘッド
・普段使っているシャンプー 2プッシュ
・炭酸シャンプーを入れる容器又は洗面器

【作り方】
炭酸タブレットとシャワーヘッドを使って炭酸シャンプーを作る場合、まず炭酸タブレットと専用のシャワーヘッドを用意しましょう。
炭酸タブレットは、重曹とクエン酸が一体になったタブレット状のもので、水に溶かすだけで炭酸水が作れる優れものです!購入先は、ネットショップなどで手軽に購入することができますよ。作り方とっても簡単でシャワーヘッドに炭酸タブレットをセットするだけで、あとはシャワーから炭酸水が出てくるので、炭酸水と普段使っているシャンプーを混ぜるだけで即席炭酸シャンプーの完成です!

炭酸タブレット単体であれば、値段は比較的リーズナブルなのですが、シャワーヘッドもセットで購入すると少し値が張ります。ただ、自分で重曹を混ぜたりするのが面倒な方なら、一度シャワーヘッドを購入してしまえば、あとはとても楽に炭酸シャンプーを作ることができるようになりますよ。

炭酸水にシャンプーを混ぜて作る

炭酸水にシャンプーを混ぜて作る
重曹や炭酸タブレットがお手元にない方は、スーパーなどに売られている炭酸水を使って、手作り炭酸シャンプーを作ることをおすすめします。
飲み残しの炭酸水でも作ることができるので、なるべく費用をかけずに作りたい方にもおすすめですよ。

用意する物

・炭酸水 50ml
・普段使用しているシャンプー 2プッシュ

【作り方の手順】
①炭酸水50mlに、いつも使っているシャンプー液を2プッシュしてよく混ぜます。
②炭酸水とシャンプーがよく混ぜ合えば完成です。

炭酸水は、砂糖や香料が入っていない純粋な炭酸水を使うようにしましょう。また、炭酸水は、時間が経つにつれ炭酸が抜けていくので、なるべくシャンプーを行う直前に作るようにしてくださいね。

手作り炭酸シャンプーにおすすめの炭酸水

炭酸水は、スーパーやコンビニなどで売られていますが、手作りの炭酸シャンプーに使う炭酸水を選ぶポイントは、「炭酸の強さ」でしょう。
なるべく「強炭酸」のものを選ぶと、炭酸シャンプーとして使った時に爽快感を感じやすくなります。一方、炭酸の弱い「微炭酸」ですと、炭酸のシュワシュワ感があまり感じられず、物足りなく思う場合もあるかもしれません。
比較的、どこでも手に入りやすい強炭酸の炭酸水といえば、

  • ウィルキンソン
  • サントリー 南アルプススパークリング
  • コカコーラ カナダドライ ザ・タンサン

などがあります。
また、スーパーのプライベートブランドのものや、酒屋さんで販売されている炭酸水は、値段もお得でシャンプーとして使う場合にもオススメです。

手作り炭酸シャンプーのメリットとデメリット

手作り炭酸シャンプーも当然メリットとデメリットがあります。

メリットに挙げられるのは、

  • 市販や専売の炭酸シャンプーと比べて、値段が安く済む
  • 手作りなので、余計な添加成分が含まれていないので安心できる
  • 炭酸シャンプーを使いたい時に、いつでも簡単に作ることができる

などが挙げられます。手作りのメリットは、何と言っても余計な添加物が入っていないので、肌の弱い方やシリコンなどの成分が合わない方でも使えるので助かりますよね。

一方、デメリットとして挙げられるのは、

  • 炭酸シャンプーの炭酸の濃度を上手に調節できない
  • 洗浄力が強すぎて頭皮や髪を乾燥させてしまう
  • 美容成分が含まれていないので、場合によっては髪が乾燥してパサつく

などがあります。元々皮膚の弱い方や、頭皮の乾燥が気になる方、頭皮が荒れている方などは手作り炭酸シャンプーを使うことで更に、悪化させてしまう可能性もあります。そういう時は、シャンプーを使う頻度を減らしてみて様子を見るのが良いでしょう。

手作り炭酸シャンプーの注意点

手作り炭酸シャンプーの注意点として挙げられるのは、作り置きができないことや、ご自身の頭皮の状態や髪の状態によって使う頻度について考慮しないと地肌の乾燥を促進させてしまうことなどが考えられます。
使う頻度ですが、だいたい3日に1度ぐらいの頻度で使うのが、地肌への負担も少なく、効果を得られやすいでしょう。

手作り炭酸シャンプーの洗い方

01

あらかじめ、髪をコームやブラシで梳かし、ごみやホコリを取り除きます。

02

髪の量が多い方は、髪をいくつかにブロッキングしましょう。

03

炭酸シャンプーを頭皮にまんべんなく塗布していきます。

04

次に、髪の毛全体に炭酸シャンプーをなじませていきます。

05

手指を使って、頭皮全体の血行を促進するように、3〜5分程マッサージしていきます。

06

マッサージが終わったら、ぬるま湯で浮かした汚れを流していきましょう。

上記の方法は、一般的なシャンプー方法をご紹介しましたが、他にもプレシャンプーと言って、普段通りのシャンプーをする前に炭酸水で予洗いしたり、シャンプーが終わった後に炭酸水で頭を洗うことで、頭皮をさっぱりさせたり、毛穴の引き締めてくれる働きもあります。

手作りが面倒な方には市販の炭酸シャンプーもオススメ

市販の炭酸シャンプーなら、プッシュするだけで出来上がった炭酸シャンプーが出てくるので、日々忙しい方や作る手間を省きたい方にオススメですよ。
炭酸シャンプーは色々ありますが、価格や効果、コスパも物によってそれぞれ異なります。美容サロン専売のシャンプーやプロ専用のシャンプーは、効果はそれなりにありますが、値段が高いものが多いです。

また、自分で手作りしたものには、髪を保護するトリートメント成分が無く、人によっては洗浄力が強すぎたりして頭皮や髪にダメージを受けることもあるかもしれません。
その点、市販の炭酸シャンプーなら、値段もれほ高価でなく、美容成分が含まれているので、髪のキューティクルをケアしながら、頭皮の皮脂汚れを除去してくれる効果を期待することができます。

市販の炭酸シャンプーもたくさんありますが、その中でもおすすめなのが「Le Ment(ルメント)」の炭酸シャンプーです。
Le Ment(ルメント)は、美容室で体験できる炭酸シャンプーのような効果を得られるサロン顔負けのご自宅で使える炭酸シャンプーです。
今まで巷で良いと言われていたシャンプーを使っても、いまいち効果を得られなかった方や、自宅の手作り炭酸シャンプーでは物足りないと感じている方、頭皮のケアから髪の毛先のケアまでしっかり行いたい方にとっておきな商品といえるでしょう。

ルメント
関連記事