オーガニックシャンプー

ハーブガーデンシャンプー成分解析|抜け毛やかゆみに効果的?匂いは?販売店や解約方法も

ハーブガーデンシャンプー

髪の傷みがひどく頭皮も荒れやすく、定期的にメンテナンスをしているけど時間が経つとすぐに髪がパサついてしまう方へ。
傷みやすい髪の毛もできれば美容院のメンテナンスではなく、ホームケアで美しい髪にしたいですよね。
本記事で髪のパサつきや頭皮でお悩みの方に効果があると言われているハーブガーデンシャンプーについて検証していきます。

ハーブガーデンの特徴

ハーブガーデンのシャンプーは、髪のパサつきや傷みが気になる方にオススメと言われています。
その理由として、ハーブガーデンならではの髪に有効な5つの特徴があります。

特徴1:ノンシリコンで髪や頭皮へのダメージが少ない

ハーブガーデンのシャンプーはノンシリコン処方なので、シリコンの影響による髪や頭皮のべたつきなどの心配がありません。
髪と頭皮を健やかに、艶やかに育みたい方には、ノンシリコンのシャンプーがオススメです。
また、もともと肌が弱く、ケミカルな原料を使ったシャンプーを使うと、肌荒れを起きてしまう方はノンシリコンのシャンプーを使うことで、肌荒れや頭皮のかぶれといった肌トラブルを防ぐことができます。

特徴2:良質な国産オーガニックハーブウォーターを使用している

ハーブガーデンが髪に良いシャンプーと言われる2つの目の特徴は、国産のオーガニックハーブウォーターをふんだんに使っていることです。
シャンプー液のベースとして使われる精製水を、髪と頭皮に良いと言われるミネラルたっぷりのオーガニックハーブウォーターで作り上げています。
そして、ハーブウォーターに使われているのは、熊本県の南阿蘇産の無農薬有機栽培の7種類のハーブです。

その7種類のハーブとは、

  1. フケや頭皮の乾燥を防ぐ「ローリエ」
  2. 肌のかゆみを防止する「よもぎ」
  3. 頭皮や髪を清潔にする「ミント」
  4. 強い抗酸化作用を持った「バジル」
  5. 髪をサラサラに導く「ローズマリー」
  6. リフレッシュ効果がある「カモミール」
  7. 乾燥しがちな地肌や髪を保湿する「すぎな」

などです。
どちらのハーブも農薬や化学肥料は一切使わず、南阿蘇の澄んだ空気と水で育んだ体に良いオーガニックハーブです。

特徴3:アミノ酸由来のシャンプーだからお肌の弱い方でも安心して使える

続いて、ハーブガーデンが良いと言われる理由3つ目は、アミノ酸由来のシャンプーでできていることです。人の体は、約20種類近くのアミノ酸から出来ていると言われています。
そのため、日常的に使うシャンプーはなるべく、髪や体と同じ成分のもので洗浄した方が肌や髪への負担は少なくなります。
近年のシャンプーは「洗い上がりがさっぱり仕上がる!」と謳い、石油系や高級アルコール系などの簡単に泡立ち、洗浄力が強すぎるシャンプーや、「地肌や環境に優しい!」と言われる石けん由来のシャンプーは、使うたびに髪がきしんだり、すすぎ不足で肌荒れを起こしてしまうケースもあります。
その点、ハーブガーデンのシャンプーは、人の肌に近いアミノ酸系由来のシャンプーなので、泡立ちも良く、かつ洗い上がりに髪がきしんだり、地肌や髪が乾燥してしまう恐れがありません。
乾燥肌の方や、脂性肌でインナードライをお持ちの方は、アミノ酸系のシャンプーで洗えば、髪や地肌の乾燥を防いで、程よくしっとりとした潤いを保つことができるでしょう。

特徴4:髪にツヤを与える15種類のオーガニック成分&植物エキスを配合している

ハーブガーデンの4つ目の特徴は、前述でご紹介したオーガニックハーブウォーター以外にも、美髪に導く植物エキスをたっぷりと使用していることです。
ハーブガーデンに使われている植物エキスの一部には、

  • アフリカの厳しい砂漠で育ったモンゴンゴという木の種子から抽出したエコサート認定の「モンゴンゴオイル」
  • 保水力に優れたオイルの1つ、USDA認定の「バオバブ種子油」
  • 保水力に優れたキノコで、エコサート認定の「シロキクラゲ多糖体」
  • サポニンという天然の界面活性剤と言われるオーガニック栽培された「ソープナッツ種子」

などがあります。どちらの植物エキスも、エコサート認定を受けたものや、オーガニック栽培で育てられた植物から抽出されたナチュラルな美容成分ばかりです。

特徴5:頭皮に有効な10種類の植物エキスを配合している

ハーブガーデンの5つ目の特徴は、フケや乾燥、抜け毛や白髪といった頭皮トラブルに悩んでいる方に嬉しい頭皮に有効的な10種類の植物エキスを配合していることです!
その10種類の植物とは、

  1. 育毛・保湿効果のある「オドリコ草」の葉と茎
  2. 「オランダカラシナ」
  3. 保湿効果に優れた「アロエベラ」の葉
  4. 高い抗酸化作用を持った「ソメイヨシノ」の葉
  5. 血行促進作用や抗炎症作用のある「センブリ」
  6. 皮膚組織の再生に優れた「アルニカ」の花
  7. 血液浄化作用のある「ゴボウ」の根
  8. 優れた収れん作用・抗酸化作用がある「セイヨウキヅタ」の葉と茎
  9. 保湿効果に優れた「セイヨウアカマツ」の球根
  10. フケや乾燥を防ぐ効果を期待できる「ローマカミレツ」の花

などがあります。

ハーブガーデンシャンプーがオススメのタイプの頭皮と髪質の方は?

上記の効果を踏まえてハーブガーデンを使うと良いと思われる頭皮と髪質のタイプの方は、

  • 季節に関係なく、常に頭皮が乾燥している方
  • フケで悩んでいる方
  • 白髪や髪の育毛に悩んでいる方
  • 髪の毛先がパサパサと乾燥し、傷んでいる方
  • 定期的に髪にカラーリングやパーマを施し、髪にダメージを負っている方
  • 肌も髪もインナードライの方
  • 1日の終わりに頭皮が臭くなってしまう方
  • ケミカルなシャンプーが肌に合わない方
  • オーガニックな植物エキスで作られたシャンプーを使ってみたい方
  • いつものシャンプーで髪のきしみが気になっている方
  • 脂性肌だけどインナードライの方
  • 髪の毛にすぐに静電気が生じる方
  • シャンプーで肌荒れやかぶれが起きやすいお肌が弱い方

といった悩みを抱えている方におすすめです。
これまでに、低刺激のシャンプーを使ってみたものの、肌荒れを起こしてしまった方は、オーガニックの植物エキスで作られているハーブガーデンのシャンプーがおすすめです。
また、地肌のトラブルや育毛、白髪に悩んでいる方も、ハーブガーデンのシャンプーを使うことで、血行促進や育毛効果を感じやすくなるのではないでしょうか。

ハーブガーデンシャンプーが髪に良いと言われる成分

ハーブガーデンが、髪に良いと言われる理由の1つには、シャンプーに含まれている成分にもあります。
それは「保湿成分」に秘密があります。
ハーブガーデンに含まれている保湿成分には大きく3つ、

  1. 水分を保持し乾燥を防いでくれる化粧品にも含まれる成分「ヒアルロン酸」
  2. 頭皮と毛髪に潤いを保ってくれる「ユズセラミド」
  3. 天然に存在するオリゴ糖で水分を保ってくれる「ラフィノース」

といった強力な水分保持成分が含まれています。
髪が傷む原因の多くは、パーマやカラーリングなどの外的要因もその1つですが、元から髪や頭皮が乾燥していることによって毛先がパサついたり、髪と髪と摩擦し傷んでしまうケースが多いです。
傷みにくい健康な髪を育てるには、顔のお肌同様に髪の内部にしっかりと水分を保ち、潤いを持たせることが必要となります。
ハーブガーデンのシャンプーを使えば、洗うたびに髪と頭皮に水分を与えることができるので、健康的で美しいツヤのある髪を手に入れたい方にはオススメでしょう。

ハーブガーデンまとめ

いかがでしたでしょうか。
オーガニックや髪に優しい成分で作られていると謳っているシャンプーは多数ありますが、その中でもご自身に最も合うシャンプーを見つけるにはまず、一度試していただくことをオススメいたします。
数あるオーガニックシャンプーの中でも、ハーブガーデンシャンプーは口コミでも高評価なので、髪の傷みや乾燥、地肌トラブルに悩む方は必見かもしれません。以上、最近巷で話題のオーガニックシャンプー「ハーブガーデン」についてでした。