育毛シャンプー

育毛シャンプーは効果ないって本当?特徴や効果絶大になる使い方を解説!

育毛シャンプー

育毛シャンプーには、抜け毛や薄毛を改善し、健康な髪を増やしてくれるイメージがあるようですね。「使い続ければいつかフサフサな髪が生えてくる!」と思い込んではいませんか?もしも、そうだとしたら期待外れかも知れません。

育毛シャンプーは、確かに「髪と頭皮」のために使いますが育毛剤とは違います。薄毛や抜け毛に気付いて、あわてて商品を購入する前に、本来の役割を知っておくことが必要です。

女性の大切な髪型を維持するアイテムには変わりありませんので、ここで育毛シャンプーの「目的」や「効果」をしっかり解説していきますね。

育毛シャンプーで髪が生えるわけではない!

育毛シャンプーの効果というのは「頭皮の環境を整えること」にあります。発毛促進シャンプーと勘違いされがちなのですが、それとは大きく違います。
発毛促進シャンプーは、髪を生えるサイクルに指令を出す『毛乳頭』に刺激を与え、活性化させることで発毛をサポートするシャンプーのことをいいます。育毛シャンプーは、頭皮の環境を整えて、健康な髪が生えてくる土台を作る目的で使います。

頭皮の環境を悪くする原因

頭皮環境を悪くしている原因は、加齢、紫外線での日焼け、汗をかいた後の雑菌の繁殖、ホルモンバランスの乱れなどから起こります。
そうなると「髪が抜ける」「髪が細くなる」「うねりが強くなる」などの症状が出てきますので、発毛よりもっと前の段階で、頭皮環境を整えることが重要になります。

健康な頭皮になれば、女性にありがちな、髪の悩みが改善されていくので、育毛シャンプーを使用することで、自宅で簡単に頭皮ケアができます。
髪が元気で美しくないと、年齢より老けて見られたり、疲れた感じの印象になったりしますからね。

育毛シャンプーの効果は頭皮環境の改善!

そもそも、「頭皮環境が整っていない状態」がわかってないと育毛シャンプーを使うこともないでしょうし、どんな時に使うかわかりませんよね!髪が抜け始めてからでは遅いので、どんな状態になるのかを確認しておきましょう。

頭皮環境が悪い人とは?

  • 洗っているのにフケがでる。
  • 普通のシャンプーはかゆくなる。
  • 頭皮にピリピリ痛みを感じる。
  • 頭皮がオイリーになる。
  • 排水溝に抜け毛が多くなった。
  • 髪が細くなってきた。
  • ボリュームが出ない。
  • 髪に潤いや艶がない。
  • 頭皮が乾燥している。
  • 切れ毛があり、毛が短く立っている。

これらの原因はすべて頭皮環境が悪いことが考えられます。逆にこれらのトラブルがなければ頭皮環境はいいといえます。
それ以外、避けることができない加齢や遺伝を除いては、頭皮環境が悪い場合に出る症状です。幾つか思い当たる場合は、頭皮ケアが必要になります。

育毛シャンプーの効果

育毛シャンプーに配合される成分には、育毛に適した有効成分が入っています。
頭皮環境が良い状態は、髪が生えてから抜けていくまでの「ヘアサイクル」を正常に保っています。育毛シャンプーには、そのヘアサイクルを乱す悪い頭皮環境を改善する効果的な成分が多く含まれているのです。

  • 頭皮と髪の油分や水分を取り過ぎず、潤いを残して洗う洗浄剤が配合されます。
  • 髪を生み出している「毛母細胞」に栄養を届けるため、頭皮の血行を良くして栄養を運びやすくしてくれる成分。
  • 殺菌作用、抗菌作用で、頭皮を清潔に洗い雑菌の繁殖を防いでいます。
  • 肌荒れ防止や保湿効果、収斂作用、抗炎症作用で、皮膚を健康に保ち、頭皮環境を改善します。
  • 男性ホルモンの過剰分泌を抑え、女性ホルモンの減少を食い止めることで、抜け毛の進行を遅らせます。
  • 老化防止や美肌改善など、頭皮の血行促進と共に、美容液成分が配合される場合もあります。

※メーカにより、成分に違いはあります。

育毛シャンプーとスカルプシャンプーの違い

これらのシャンプーは、商品によっては同じ定義で説明しているものと、そうでないものがあります。

育毛シャンプー

育毛シャンプーは、発毛促進シャンプーなどよりも、ややマイルドな成分で作られているのが育毛シャンプーになります。健康な頭皮の土台を作る、スキンケアのような存在と考えてよいでしょう。
ですので、比較的、髪の毛の潤いを保ちながら洗える「頭皮と髪」を考えたシャンプーが多くなります。

因みに、育毛シャンプーで、全く髪が生えないかといえばそうともいえないのです。
実際に、普通のシャンプーから育毛シャンプーに変えることで、「髪がしっかりとしてきた」「以前よりも髪が濃くなった」と、頭皮環境が改善された事例もたくさんあるといわれています。

スカルプシャンプー

実は、スカルプシャンプーと育毛シャンプーは、大きな違いはありません。「スカルプ」は英語で頭皮のことをいいます。ですから、「スカルプケア=頭皮ケア」となって、頭皮環境を整えるという意味では、ほぼ同じということになります。
頭皮の皮脂や汚れを落とし、潤いを残して洗うのが最大の目的。
少しだけ違うとすれば、頭皮環境を整えることに特化した育毛シャンプーに比べて、フケや痒み、赤みなど、頭皮の幅広いケアにもなっていることです。

実際、さまざまな商品の説明を見てみても、メーカによって定義はバラバラなことが多いのが現状。
根本的には、頭皮環境を整え、髪の土台作りが目的なら育毛シャンプー、頭皮を清潔に保ち、頭皮トラブルを改善していくにはスカルプシャンプーと考えていいかもしれません。

育毛シャンプーの効果的な使い方

育毛シャンプーは普通のシャンプーと比べて、使い方ひとつで効果が変わります。上手く使えば、自宅でヘッドスパをしたような気持ち良さも得られます。

育毛シャンプーの正しい使い方

基本的に、正しいシャンプーとは「頭皮を清潔」にすることです。ですから、育毛シャンプーにも共通しています。
有効成分を頭皮に与えるために、まずは、しっかりと洗い流すのがポイントです。

  • STEP01
    予洗い
    シャンプー前に、シャワーで頭皮と髪を十分にすすぎます。予洗いをする時は、お湯が地肌の隅々まで行きわたり、水分が浸透するまで1~2分程度は当ててください。

    地肌を揉み込むようにしながら、お湯を当てるとお湯が沁みやすくなります。そうすることで、シャンプー時に有効成分が効果的に浸透します。注意点は、育毛シャンプーを付ける前に、あまり強くこすったり爪を立てたりしないこと。強めが好きな人もいるかもしれませんが、頭皮が炎症をおこしてしまいます。

  • STEP02
    シャンプー
    育毛シャンプーは、一度手の平に取り、泡立ててから頭皮と髪に付けます。泡立ちの悪さや浸透のムラを防ぐためです。育毛効果が高いシャンプーは、シャンプー後、すぐにすすがないで、泡と髪の毛を集めて2~3分「泡パック」をします。すると有効成分が行きわたり、より効果的に洗うことができます。
  • STEP03
    すすぎ
    すすぎがしっかりしていないと、頭皮にシャンプー剤が残ってかゆみやフケの原因となります。ドライヤーで乾かすときも時間がかかります。一番良くないのは、時間が経つとシャンプー剤の残りが酸化(腐ること)して、雑菌が繁殖し嫌なニオイの原因となる可能性があります。

    5本の指をできるだけ広げて、指の腹で頭皮を優しく揉み込みながら、シャワーを当てることを意識しましょう。美容室のシャンプーを思い出してみて下さい。まんべんなく指があたっていたと思いますよ。

  • STEP04
    ドライ
    お風呂上りは、頭にタオルを巻いたまま放置するのは良くありません。できるだけ早く、水分をとってドライヤーで乾かすことをおすすめします。やはり、これも嫌なニオイの原因のひとつです。
    髪の毛に対しては、キューティクルが柔らかい状態で膨潤しているので、早く乾かして引き締めてあげないと、髪の艶がなくなり、乾燥してパサつきやすくなります。

育毛シャンプーに効果的なアイテム

育毛シャンプーを使う前に、ブラッシングをしておけば、シャンプー中に有効成分が浸透しやすくなります。シャンプーの泡立ちも良くなるのでオススメです。
頭皮に付いた皮脂やほこりなど、ほとんどの汚れが落とせます。

天然木のウッドブラシ

「手軽に!しかも短時間で頭皮ケアをしたい人向け」
ヘアケア商品を置いているお店なら大体は揃っているヘアブラシ。中でもウッド系のブラシで、先端が丸くあたりが柔らかいものは、とかすだけでマッサージ効果があり、静電気が起きないのもいいところ。

クッション性のあるパドルブラシ

無造作にとかしていても、あたりが柔らかいので、髪にも頭皮にも強い衝撃を与えず、楽にとかすことができます。地肌に当たった時にマッサージ効果が高いのもこのタイプ。シャンプー前だけでなく、シャンプーしている間に、パドルブラシでとかすのも有効成分の効果が行きわたりやすくなります。

フィンガーヘッドスパ

「ヘッドスパに行く手間や時間、費用を抑えたい人向け」
まるで、プロがやってくれるような、揺れる振動で頭皮をマッサージしてくれる
セルフ・ヘッドスパマシーン!気が向いた時に、いつでもできるのが魅力ですが、とくにシャンプー後に行うと効果的です。ほとんどの家電量販店、ショッピングサイトでも販売してます。

女性の心理は不思議なもので、スキンケアやメイクはこだわるのに、頭皮ケアは疎かになる事が多いといいますよね。
見えない部分だから仕方ないかも知れませんが、地肌にアプローチすることで、血行が促進され、お肌もリフトアップされるんですよ!

育毛剤との併用で効果UP

育毛剤は、育毛シャンプーをした後が最も効果的です!「育毛ケアの効果を早く出したい」、「効率良く浸透させたい」場合には、併用するのが正しい方法になります。それは、普通のシャンプーよりも育毛シャンプの方が、頭皮を清潔にするため、育毛剤の栄養分の浸透率が上がるからです。

育毛シャンプーで頭皮が綺麗になったら、しっかりとタオルドライをして、まだ頭皮が乾かないうちに塗布する方が効果は上がるといわれています。その後、すぐにドライヤーで乾かすことで、自然なボリュームが出てスタイリングもしやすくなります。

※育毛剤を効果的に地肌に届けるには、血行を良くすることが重要になります。
頭皮にはあまり筋肉がないので、動かすことが少ないため、血液循環が悪くなりがち。シャンプー中、頭皮をマッサージしながら洗う意味がありますね。

育毛シャンプー効果のまとめ

あなたの頭皮環境はどうですか?何か気になっていることがあれば、早めの対処が必要です。育毛シャンプーに抵抗がある場合は、手持ちのシャンプーと併用して使ってみるのも、違いが分かっていいですよ!

女性には、ホルモンバランスからくる頭皮環境の乱れもあるので、バランスの良い食事や、深く熟睡することなどの生活習慣も心がけたいですね。